食べ物がおいしい、伊根の観光とJR京都近くのグルメ

山のすぐ下の小さな漁港、伊根の舟屋

鯨が迷いこんで来ることがあるという静かな海辺。農業、漁業で豊かな食の地域のようです。2019年11月2日、道の駅 舟屋の里から撮影。天橋立駅から路線バスで伊根へ。

1ヶ月前、伊根観光協会でガイドツアーを申し込み、ガイドさんから丁寧な説明を受ける。ツアーに参加することによって舟屋の中を見ることができます。背景の歴史も知ることができます。

こちらで申し込めます。http://www.ine-kankou.jp/

船のガレージ。実際に見られるのはツアー申し込みならでは。

酒蔵での立派な松。

七福神の恵比寿さまの顔が興味深い。

こちらにも。

道の駅 舟屋の里 レストラン舟屋

1階の油屋さんに行こうと思ったのですが、午後からの伊根の舟屋のツアーに間に合わないと判断し、2階のレストラン舟屋へ。11時半前に入ったのですが、ちょっと並びました。その後長蛇の列に。下の写真は、ブリ丼です。

刺身定食です。おいしいです。来て良かった~。

JR京都伊勢丹グルメ

地下2階の551蓬莱。海鮮八宝菜。おいしいです。お冷やがウーロン茶で、食事の後とてもすっきりします。こちらは伊勢丹の飲食店の中で、手頃な価格のためか大変混んでいます。平日でも並びます。時間にゆとりをもって、行かれるとよいです。肉まん、シューマイは蒸したてのみを販売のようです。大阪のようにチルド商品の扱いはないようです。買ったら当日中に食べないと。https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26005502/

同じく地下2階のジェラート ピケ カフェ ビオコンセプト。ピーチジンジャーティー。

https://pique-cafe.com/index.html

オーガニックサラダ。チキンが少々入っています。サラダにナッツを入れるとおいしいなー。家で作ってみよう。ラズベリークリームチーズのドレッシング。初めて食べました。おいしい。

ガレット。ハム、チーズ、トマトの具。焼きトマト、おいしい。

ホテルグランヴィア京都

ホテルの廊下から、京都タワーが見えます。夜のネオン。

朝日をあびる京都タワー。

ル・タンでの朝食ビュッフェ。左上の小皿のよもぎ麩が白味噌で味付けされておいしかったです。これをお目当ての方が多かったです。

私の食したもの

京都は、やはりお漬け物がおいしい。

主人の選んだもの

お土産

へしこと、味噌を買いました。創業200年の本田味噌店の味噌。写真に写っているのは、あさげという味噌ですが白味噌も買ってみました。麹の甘みでそのまま食べても、とてもおいしいのです。今まで甘目の、白味噌は敬遠していたのですが、白味噌っておいしいんだなと教えてもらいました。

連休の京都は駅のエスカレーターが混みすぎて、階段利用を呼びかけるほど混雑します。JR京都伊勢丹、土産物店も大混雑です。お会計で長い列で並びます。お土産は前もって調べて買う商品、お店の候補を決め、できれば平日の空いている時に行けたら行く。宅配に頼むのは同様の空いている時間に。味噌を買った時は木曜の夕方でしたので、空いていて宅配の手続きがしやすかったです。現地で前もってお店の下見をしておくと、混んでいる時間帯でもスムーズな移動ができるかと思います。他の観光でも、着いた日にお土産の下見に行くことはよくあります。

京都に行く前に読んでみるといいかなと思った本

何処で、誰と接するにしても、思いやりのある応対をするということで読むと、役に立つと思います。ストレートにものを言わないとわかってもらえない場合はともかくとして、角の立たないよう話す、物腰は必要だと思います。

料亭のご主人の書かれた本。印象に残った点は・・・大衆の支持を失ったものは、いづれつぶれる。家業の場合は、特に目の前の利益よりも存続を選ぶ。時代に合わせて関連事業を展開している。退路を作りながら前進する。家訓、思想、感覚を子、孫にきちんと伝える。

嫁姑の関係でも他人と思い、違う環境で育っているので理解してもらおうと期待しないこと。割り切りが大事。生き方を強制するのではなく、方向を示すだけでいい。相手からの不必要な反感を買ったり、相手に恥をかかせないようにするために応対するというのが勉強になった。常に相手の立場に立って考える。電話でお礼、手紙でお礼、会ってお礼の挨拶。ビジネスでも、人付き合いでも大切なことを普段からしておけば大丈夫だな。

今回宿泊した対京樓は以前、団子屋さんだったと聞いた。近所に団子屋が3軒ぐらいあったが、仲良く助け合い、経営していると聞いた。普通は商売敵というようになりがちだが、そうではないらしい。京都の商いの仕方を、その時聞いていたのをこの本を読んで思い出した。

付かず離れずのほどよい距離感での人付き合いのコツが書いてあるようだ。他者への思いやりから、見て見ぬふり、聞いて聞かぬふりをする。関心は持つがお互いのプライバシーは守る。相手の痛いところをついて追い詰めない。お互いに気位が高いのがわかっているので、自分から弱みを見せない、相手の弱みが見えそうになったら、すっと退く。

丁寧な対応で自己防衛。長電話はしない。親しき仲にも礼儀あり。何事も四分六分けの精神で。食べ物で、分けようと言い出したほうが、自分のをちょっと少なめにしてお相手の分を少し大きめにして渡す。

自分と相手の領分を守る、序列を守る。分をわきまえ話す。激変する世の中でどの権力に対しても生き延びるため、自分一人で責任を負わず、自分と家を守るという振る舞いが欠かせなかった時代、地理的背景を考えさせられた。

自らの失敗にはユーモラスに自分を茶化して先手を打つ。場を和ます。人に対しキツイ表現は慎む。笑う門には福来たる。腹八分のように、「一升枡に八合」十のことを知っていても。知識や欲望でも口に出したり、行動に移すのは八のことに留めるべし。中庸だと一番トラブルに遭いにくいというのと同じだな。

何事も伸びしろや、ゆとりを持つことが暮らしの中では大切。京都は一番になることより、地味でも着実にコツコツと仕事を積み重ねること、細く長く商売の成り立つことが重んじられた。ないものねだりをしないで、自分に備わるものを改めて見直す。人は人。吾は吾。知ったかぶりをしないで、謙虚な振る舞い、無知なのに専門家のような顔をしない、できもしない大役を安請け合いしない。何事も人見て法を説けで、相手がどんな考え方、感じ方をするのか見る、聴く。人を愛し思いやること。

京都の方が受け継がれた、教えられたことを本にしてくださって、ありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)