太らない年末年始の食事

お正月料理編

伊達巻きとかまぼこ、わさび漬け、味付数の子を買うぐらいで、お重には詰めません。シンプルに煮物と、酢の物と、くるみ小女子を作るぐらいです。揚げ物、脂身のある肉をちょっと控えるだけで、太らないものです。当然、食べ過ぎたら太ります。3食きちんと食べる。何を食べてもいいけれど、食べ過ぎない、間食しないのが、太らないコツかも。

1,黒豆。水に1日つけて、煮る。醤油と味醂で、煮汁もおいしくいただけるよう薄味に味付け。冷蔵庫で保存。

2,煮物。一つの鍋で、順番に水、醤油、味醂でニンジン、ゴボウを煮て、ハス、いんげん、最後に里芋を煮る。煮ては取り出してですが、一つの鍋でできるので鍋の数がなくても大丈夫。

3,大根の柚子酢の物。大根は千切りにして少々の砂糖、りんご酢、柚子果汁、柚子の皮で和える。

4,くるみ小女子。醤油、味醂、りんご酢を、ちょっと鍋で煮詰め、食べる煮干しと、くるみにからめる。お弁当のおかずにも大活躍。

5,朝食に、ご飯に、目玉焼きときゅうりのスライスをのせ、鰹節をかける。

6,こんがり焼いたあげをのせた、うどん。つゆに、わかめも入っている。七味をかけていただく。

うどんのつゆは、一人分ずつ作ってつゆをおいしく食べられるようにしています。こうすると薄味にしやすい。どんぶりに、醤油、味醂少々、鰹節、ネギを適宜入れ熱湯を注ぐ。

年末料理編

1,オムレツのせトースト。ブロッコリーはレンジで加熱。

2,焼きそば。豚コマはグリルで別にこんがり焼いておく。ピーマン、キャベツ、もやし入り、市販のソース焼きそばを使用。

3,豚コマのチャーシュー風、ラーメン。しょうゆ味。もやし、チンゲンサイをレンジで加熱すると早い。味のついていない、しなちくの水煮もトッピング。ブラックペッパーをかけて食べるとおいしい。麵は、半玉で。一人一玉だと多い。具が多いためと、麵の食べ過ぎ防止のため。

豚コマのチャーシュー風は、豚コマをグリルで焼いて脂を落とす。ガーリックパウダー、味醂、醤油のたれにフライパンで加熱しながら、からめる。

4,カブとカブの葉、鶏ムネ肉、マカロニのグラタン。ホワイトソースはオリーブ油、薄力粉、豆乳で作る。カブ、鶏肉はレンジで加熱すると早い。マカロニはゆで時間の短いものなので、茹でずに具とホワイトソースに混ぜ、ピザチーズをのせ、オーブンで焼く。

5,年末、たまたま塩たらが、安く買えた。トマト、タマネギ、しめじ、パセリを、オリーブ油をしいた、フライパンで蒸し焼きにする。パンにもご飯にも合う、魚料理。

6,年越しそば。わさびの辛みでいただくそばは、最高だ。

主人からのリクエストのえび天。菜の花も天麩羅にしてみたら、おいしかった。

7,シーフードお好み焼き。冷凍のエビイカミックスを使用。キャベツ入り薄力粉を卵とビールでとく。ふんわり出来上がる。

12月30日にまとめ買いして、1週間買い物行かずにすみました。例年、伊達巻きや蒲鉾などは、12月26日ぐらいに買っておきます。あとは、家族のリクエストから作ります。ラーメンなど。12月30日に、黒豆と煮物を作ります。あとは1月2日ぐらいに、酢の物と、くるみ小女子を作るというように、ゆっくり作ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)