ひとりメシを、おいしく食べる方法

ひとりメシ長続きのコツ

一人で上手に時間が過ごせる人は、結婚してうまくいく。そういうことを聞いたことがあります。平日は、ほとんど一人の食事です。一人で食べても、おいしいです。食べたいものを作って、おいしくできた時は最高にうれしい。料理を続けるコツは、

1,難しいもの、面倒なものは、作らない。油がはねる、イカの唐揚げ、太巻き、アジフライ、牡蠣フライは買っています。長時間煮込むもの、手間のかかるものは、たまに作る程度で。パンを以前作って焼いていましたが、今は絵、漫画の制作の時間を作るため、作っていません。

2,ご飯と味噌汁があれば十分。鍋物とは、具沢山のつゆ、汁物のことである。味噌汁は永谷園の、あさげのように作れば無駄がない。

3,漬け物を作る時は、少量作る。

4,炊いたご飯、食パン、バゲット、餅、ピザ用チーズ、肉は冷凍すれば、すぐ食べきれなくても大丈夫。

5,ランチプレート、どんぶりを利用して一皿で済ませる。洗い物が少なくなって、ラクだ。

6,カレーライスからカレーうどん。おでんから、おでんうどん。天麩羅とご飯と味噌汁の夕飯から、天丼弁当、天麩羅そば、うどんができる。夕飯のおかずを弁当に入れる、朝ご飯に食べる。

7,餅は焼いて味噌汁やすまし、けんちん、カレーに入れてお雑煮としておいしく食べられる。しかも飽きずに。

8,疲れた時、作りたくない時は外食か、スーパーで何か買ってくるという気楽な気持ちでいる。風邪の時、宅配を出前を利用したこともあったなー。

9,1週間分のメニューを決めて作ろうとしない。それより、その時安い食材を少し買って無駄なく使い切る。

10,さっと料理に取りかかれるよう、台所を片付けておく。汚れは見つけたら、すぐ掃除する。

11,パンにきんぴらと目玉焼きをはさんだり、ひじきの煮物と目玉焼きをはさんだり、カニカマとキャベツのコールスローをはさんだりけっこういろいろはさめるものなんですね。ご飯版のおにぎらずも、いろいろはさめるので、まとめてご飯を炊いて冷凍しておくのも便利です。

極上ひとりメシ

1,冒頭の写真と下の写真、メインは合挽きのハンバーグです。上の画像はキャベツとキュウリの甘酢漬、カボチャのレンジ蒸し、パエリヤ。パエリヤは小松菜と、パプリカ、タマネギの具。クレイジーソルトで味付け。

下の画像は、ゆでほうれん草、サツマイモレンジ蒸し、大根の甘酢漬け柚子入り。柚子の果汁も使用。玄米とスナップエンドウ、エノキの味噌汁。

2,焼売。豚挽きにみじん切りタマネギ、黒コショー、塩少々、片栗粉を混ぜ焼売の皮に包んで蒸す。レンジで加熱すると早い。付け合わせは、ほうれん草にごま、酢バス。わかめの味噌汁、麦ご飯。

こちらも焼売。大根と小松菜の味噌汁。ねりからしと、醤油、好みで酢をつけて食べてもおいしい。

3,ツナマヨ、タマネギ入りのオープンサンド。ヤキポテトに塩。緑は茹でスティックブロッコリー。

4,鯖の味噌煮。ショウガスライス多め、水、味醂、味噌で冷たいうちから煮る。煮る前に鯖の水分をきちんと拭いておく。あとは、ニンジン、ハスの煮物。白菜味噌汁、柚子と七味でいただく。

こちらも、鯖の味噌煮。母の暮らしている介護施設ではおいしそうな食事が作られる。野菜炒めを真似してみた。ピーマン、ニンジン、タマネギをオリーブ油で炒め塩で味付けするだけ。おいしい。それと玄米ご飯と味噌汁。

5,ブリの照り焼き。フライパンで少量の油をしいて、焼き醤油と味醂にからめると、あっという間にできる。酢バスに付け合わせ。白菜と柚子の味噌汁。麦ご飯。

6,牛肉とにらと、ネギのさっと炒め、しょうゆかけ。牛肉を先に炒め、皿に盛り付け、すぐに野菜を炒め上にのせる。簡単焼き肉。わかめの味噌汁と麦ご飯。

7,あじの開きの焼き魚。エノキ、ネギ、ワカメの味噌汁。

8,ロマネスコのペペロンチーノスパゲティ。ロマネスコをフライパンでこんがり焼いて、茹でたスパゲティにのせる。クレイジーソルトとレモンをかけてペペロンチーノ風に。ブロッコリー、カリフラワー、ロマネスコはフライパンでこんがり焼くと、あっという間に食べきってしまうぐらい、おいしい。

9,焼きがんもと、わかめとネギのうどん。がんもはグリルで焦げ目をつける。永谷園のあさげのようにつゆはどんぶりで作る。麵が、ゆで上がったところを見計らいあらかじめ用意しておいた、乾燥わかめ少々、ネギ輪切り、鰹節、醤油、味醂少々の入ったどんぶりの熱湯を適宜注ぐ。

10,カブ、カブの葉、ベーコンの焼きめし。ブラックペッパーをかけていただく。薩摩芋レモン塩煮。瓶のレモン果汁を使用。

11,カブと葉をさっと蒸してツナ缶をのせる、醤油とレモン果汁をかける。たまねぎ納豆、豆腐とわかめとネギの味噌汁。

12,肉じゃが。材料は、ショウガ、牛切り落とし、ニンジン、ジャガイモ、タマネギ、白滝、いんげん。まず鍋に水、醤油、味醂、ショウガ千切り適宜を入れつめたいうちに、牛肉を入れる。牛肉を7分ぐらい火を通す。牛肉を取り出す。同じ鍋で野菜と白滝を煮る。最後にいんげんを入れ火を通す。牛肉を入れ軽くあたため、完全に火は通すが硬くならないようにする。味噌汁は大根と豆苗。

13,ほっけ干物の焼いたもの。大根の柚子甘酢漬け、ほうれん草の味噌汁。

14,柚子大根、鍋物。具材は白菜、鶏もも肉、春雨、醤油、味醂。煮込むだけでおいしいのができる。

15,焼き鳥、焼き葱、七味と醤油をかけていただく。グリルで焼く。タコと、キュウリとわかめと千切りショウガの酢の物。エノキと小松菜の味噌汁。玄米ご飯。

16,キュウリ納豆。麩と、大根と葉の味噌汁。玄米ご飯。大根おろしとサンマ塩焼き。

17,オーブンで、焼いたナスとピーマンと玉葱の、じゃこ味噌和え。酢バス、ゆで卵、玄米ご飯。高野豆腐と小松菜の味噌汁。

18,レタスとエリンギのスープ。味付けは醤油のみ。ツナオイル缶と、スライス玉葱、カボチャの煮物のサラダ。バゲットにバター。

19,鶏肉の塩コショー焼き。グリルで両面こんがり焼いてアルミホイルで全体を覆い完全に火を通す。里芋のショウガ味噌煮。里芋は茹でて皮むきをし、水と少量の醤油で火を通す。おろしショウガ、味噌、味醂を加熱し、練り味噌を作る。練り味噌に火の通った里芋を入れ味をなじませる。白菜キムチ。白菜は軽く塩もみし、水分を搾る。桃屋のキムチの素で和える。エノキと青ネギの味噌汁。

20,スパゲティミートソース。ミートソース缶に牛挽き少々、パセリ、マッシュルームを足す。茹でたパスタにかける。料理好きなタクシーの運転手さんから教えてもらった。おいしい。ありがとうございます。

21,卵焼きとご飯と桃屋の搾菜。卵焼きには味付けせず、焼くだけ。シンプルだがおいしい。搾菜にも鉄分が、あるらしいね。

 

22,はんぺんを、そのまま食べる。トマトソース缶にツナ缶と白菜と冷凍グリンピースと水を適宜入れ煮込む。塩少々で味をととのえる。

23,大根の唐揚げ、コーンとキャベツ入りポテトサラダ、いわしの練り物とニンジン、ピーマン、千切りショウガの煮物。豆腐、わかめ、ネギの味噌汁。

24,餃子定食。餃子はニラ、キャベツあるいは白菜、ネギまたは玉葱、豚挽き、ごま油少々、塩少々、片栗粉を入れている。もやしとキュウリの酢の物。わかめの味噌汁。餃子は豆板醤とりんご酢につけていただく。

25,焼き肉定食。豚コマ、玉葱をグリルで焼く。市販のおろし焼き肉のたれをかける。ごぼうと、ニンジンの煮物。ほうれん草のごまかけ。わかめの味噌汁。

26,アップルパイが食べたい、作るには時間の余裕がないとき、クロワッサンを買ってきてレンジで煮リンゴ、シナモン入りを作って一緒に食べる。煮りんごは、砂糖不使用。

27,ほうれん草カルボナーラ、チーズなし。豆乳に溶いた卵2コ、茹でたほうれん草適宜を入れ、焦げ付かぬようしゃもじで混ぜつつ加熱。とろりとしてきたら、茹でたスパゲティにかけ、食べるラー油、シャーランツァイをのせいただく。チーズなしでも、ベーコンなしでも、けっこうおいしい。

ひとりメシでも、きちんと献立たてて作ると、間食しなくなるし、新メニューも開発できるし、夕方4時から6時の間に夕飯できるし、いいことばかりだなー。最初は一人で食事で寂しいと思ったけれど、今は絵と漫画、ブログをして寂しいとはあまり思わなくなったな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)