シンプルだけど、おいしいクリスマス料理

考えすぎない、クリスマスメニュー

簡単に。パーティメニューのように品数はたくさん作らず、スーパーでお得な食材で、食べたいものを作る。1,2品作りあとはデザート。

1,チキン照り煮。ガス台のグリルで鶏もも肉を強火で焼く。焼き目がついたら、醤油、味醂、ガーリックパウダーの鍋に入れ味をからめる。この時に鶏肉に完全に火が通るようにする。オーブンで焼くより、はやく出来る。下はキャベツ、コーン、ジャガイモのマヨネーズサラダ。クレイジーソルト、レモン果汁で味付け。ジャガイモは皮ごと使用。

味噌汁はナメコ、赤味噌、ネギ。一人分ずつ作っている。あとはお湯を注ぐだけ。永谷園のあさげにヒントを得た。

付け合わせに酢バス。八百屋さんでちょっと安く買えました。ありがたいです。ハスを適度な薄切りにして火が通るまでゆで、砂糖少々、りんご酢をかけ、漬けておく。弁当のおかずにも重宝します。

味噌汁は白菜、カボチャ、いんげん。こちらは、白菜、かぼちゃ、いんげんの順に煮て味噌で味付け。野菜からだしが出る。七味をふっても、おいしい。

2,お好み焼き。豚コマ、卵をフライパンに置いて、キャベツ、紅ショウガ、薄力粉、冷水の生地を伸ばす。両面こんがり焼けたら、かつお節粉、中濃ソース、マヨネーズ、青さでトッピング。具は豚コマの代わりにゆでたタコ、冷凍シーフードのエビやイカでもおいしい。

3,カニカマとレタスのサンドイッチ。トーストしたパンの片面ずつ、マスタード、マヨネーズをぬる。

4,カニカマのライスサラダ。炊いた玄米が少量あったのでサラダに。レタス、タマネギ、パプリカ、玄米、カニカマの順に入れ上からクレイジーソルト少々、レモン果汁少々、オリーブオイル少々をかける。混ぜながらいただく。

5,カニカマのゴマドレッシングサラダ。レタス、紫大根、パプリカ、カニカマ、クレソンの順に盛り付け、上から練りごま少々、醤油少々、レモン果汁少々をかける。混ぜながらいただく。ドレッシングを買わなくても、練りごまや、醤油、酢、ラー油などを好みで少量かけるだけでおいしく食べられる。

6,和風ガパオライス。舞茸とピーマンを醤油と味醂と少量の水でさっと煮て、盛り付けたごはんの横へ。上に目玉焼きをのせる。朝ご飯にもよい。

7,鶏ムネ肉のカレー。鶏ムネ肉1枚に1個分のタマネギスライスと、おろし生姜適宜、にんにくは皮を向いて丸のまま3つ、クミン、ベイリーブス3枚ぐらいを水から煮る。材料がかぶる程度の水量で。鶏肉が箸でほぐれるほどになったら、肉を取り出し細かくほぐす。肉を鍋に戻し、醤油味醂で味付け。おいしいと思ったら次にカレー粉を入れる。好みでケチャップ、中濃ソースを足す。

付け合わせはフランパンで少なめの米油で揚げ焼きした、焼きポテト。味付けは、クレイジーソルトをふる。白菜の浅漬け。白菜を食べやすい大きさに切って塩、リンゴ酢、七味をかけ2時間置くだけ。混ぜて味をなじませる。白菜の甘みを堪能できる一品。

8,牡蠣の味噌鍋。赤味噌、味醂、水少々、白ネギ、しめじ、おろしショウガを入れネギが半分やわらかくなったかなぐらいまで火を通す。牡蠣を入れ、火を通す。具を盛り付けた後、味噌のつゆを少し残しておき綿豆腐を入れ火を通す。

チキンカレーの時の白菜の酢漬けと共に。牡蠣は必ず加熱用のを使ってください。加熱用のほうが、味や風味で牡蠣らしさを味わえるからです。

9,簡単大根餅。大根を細切りにして同量の薄力粉と片栗粉と、乾燥小エビをまぶす。冷水を入れ、かき揚げよりちょっと固めの生地にして、油をしいたフライパンで焼く。スートチリソースと醤油を少々かけて食べるとおいしい。今回は紫大根を調理。大根1本買っても、スープ、サラダ、大根餅にするとあっという間になくなります。

10,ベトナム春巻きの皮で腸粉。米粉の乾燥春巻きの皮をさっと水で濡らして、千切りショウガ、冷凍エビを置き包んで水を少量たらし、レンジで2,3分加熱。醤油と酢を少々かけて食す。好みでパクチーをのせてもよい。エビは解凍しなくても凍ったままレンジ加熱してみたが、なかなか、ぷりっとした食感だった。

クリスマスケーキは、ドライフルーツパウンドケーキとイチゴ生ケーキで決まり!

1,パウンドケーキ。マジパン入り。マジパンはアーモンドプードルに、ホットケーキシロップを入れ好みの固さにして、ケーキの中央に入れ焼きます。ドライフルーツはオレンジピール、オレンジピールがないときは、マーマレードを使い、レーズン、クルミは必ず入れます。他にドライフルーツの杏を入れると味に深みが出ます。ドライフルーツをラム酒につけておいて焼くときに生地に混ぜるのもおいしいです。大人向きです。

生地は卵3個に、無添加アーモンドミルク100cc,薄力粉、ベイキングパウダー、ドライフルーツ、オールスパイス少々、溶かしバター、分量はドライフルーツの量で適宜調整します。生地を練らないように混ぜ180度でまず25分焼きます。その後様子を見ながら、加熱していきます。バターが入ったほうが生地は、やわらかくしっとりしています。

溶かしバターの代わりにオリーブオイルで作ったパウンドケーキ。クッキーみたいにちょっと固めにできたけれど、これはこれでおいしい。マジパンを手作りすると甘さや固さが調節できて良い。日持ちはしないけれど。市販のマジパンの甘さがちょっと苦手な方におすすめ。オールスパイスをケーキに入れ忘れ、ふりかけて食す。紅茶でもコーヒーでも緑茶でも合うケーキ。好みでシナモンクリーム、甘さ控えめのホイップした生クリームにシナモンをふり入れたものを添えて食べてもおいしいです。アップルパイにバニラアイスクリームを添えて一緒に食べるパイ・アラモードのようなものですね。

以前はパウンドケーキにナパージュという杏ジャムを水飴と混ぜてつや出しをしてお店で売っているようなものに近いのを作ったり、通常作るバター、砂糖がしっかり入ったパウンドケーキを焼いて市販のアーモンドプードルをまわりに薄くつけて粉砂糖とレモン果汁のアイシングでコーティングしたイギリスのウェディングケーキ風のものを作ったこともあったけれど、今は砂糖とバターの使用をなるべく控えたケーキを作っています。甘みがドライフルーツの甘さでボリュームもあるので、朝食に食べても腹持ちがいいですよ。

2,イチゴのケーキ。カステラの乾燥を防ぐためホットケーキシロップを少々かけ、氷水にあてながら泡立てた生クリームとイチゴを重ねる。

このイチゴのケーキは、バースデーケーキにもなりますが、イチゴのない季節の時はイチジクを使ってもおいしいのができますよ。おいしいイチジクで是非お試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)